FC2ブログ

うっかり

毎年この時期になると思い出す事がある。

それは「冬は寒い」ということだ。

昨日なぞ特にその記憶が鮮明に蘇ってきたので、忘れないうちにヒーターを出しておいた。
うっかり忘れて凍死などしてしまってはご先祖様に申し訳が立たない。
その甲斐あって今日は無事生き延びる事ができた。
僕のアシスタント情報によると北海道ではもう雪が積もっているそうだ。
うっかりTシャツで外に出ようものなら、間違いなく凍死するだろう。
北海道で「うっかり」は禁物なのだ。

ヒーターといえば昔死にかけたことがあったのを思い出した。
その日は部屋の中でヒーターのスイッチを入れくつろいでいた。
多分エロ本だかなんだかを読んでいたりしたのだろう。
その時にふと気付いた。
なんだかいつもと感じが違う。
空気が薄いというか、息苦しいというか…。
かといって苦しいわけでなく、なんだか頭がぼんやり。
おかしいなと思いつつ、しばらくぼんやりしていたところ、あることを思い出した。

「ヒーター(ストーブ)は取り扱いを間違えると死ぬ」ということだ。

忘れないうちにヒーターをチェックしてみると、ヒーターの後ろにあったカーテンがファンの部分を塞いでしまっていた。
そのせいで不完全燃焼をおこし、部屋の空気が薄くなっていたのだろう。
急いでカーテンを明け、窓も開け、空気の入れ替えをしたがしばらくは頭がぼんやりしていた。
ヒーターを出していたにも関わらず、うっかり死ぬところであった。

ヒーターでもうひとつ思い出した。
昔「僕を騙した女」が遊びに来た時の事だ。
当時の僕は全体的にうっかりしていて、騙されていることに全く気付いていなかった。
「僕を騙した女」は毛布にくるまっていたのだが、寒いというのでヒーターを点けてやった。
しばらくすると何だかコゲ臭い匂いがしてきた。
あろうことか「僕を騙した女」はヒーターの温風吹き出し口を塞ぐような形で、毛布にくるまって横になっていたのだ。
僕は「危ないよ」と言って彼女をヒーターから離れさせた。
「僕を騙した女」は「えへへ」と笑った。
普通の大人なら、そんな所で毛布にくるまって寝転がることが危険だということは百も承知だろう。
にもかかわらず彼女は慌てるでもなく、小さなミスを誤摩化すかのように「えへへ」と笑った。
その時僕はまだ騙されている事に気付いてなかった上に、全体的にうっかりしていたので「気をつけないとね」と言って彼女と同じように「えへへ」と笑った。

「えへへ」じゃなかろう?
一緒に「えへへ」と笑った僕もうっかり者だ。

そんな思い出に耽りながら、今日もうっかりビーフシチューのジャガイモを煮崩れさせてしまった。


これから冬なのに…

ようやく次の読み切りのネーム(コマ割り、台詞などの入ったラフ)が通りました。
尻陵辱純愛ものです。
いつもは20P~24Pの内容なのが今回は32P!
というか最初は24Pで考えてたのが、編集とやり取りするうちに膨らんで32Pになってしまいました。
エロ漫画なのに一般誌の読み切りと変わらないページ数です。
これを何度も何度も嫌になるくらい読み直して、書き直して、また読み直して書き直して…っていうまるで永久機関のような辛い作業がようやく終わりました。
もう頭の中がウニになりそうです。
でも実は…
ラストの台詞(モノローグ)だけまだ決まってません。
ここだけ決まればバッチリなのに、物語を上手く締める台詞が思い浮かばないのです。
主人公とヒロインの純愛を締めくくる素敵な一言…
この一言にもう数時間悩んでます。
他はすべてOKなので、この台詞だけは頭をウニにしてしばらく悩まなければなりません。

これとは別にもう1本読み切りの仕事が舞い込んで来ています。
以前知り合った編集さんのご厚意で、昔お世話になった出版社で再び仕事をさせて貰えるようになりました。
ありがたやありがたや。
こちらは前者とは対称的に明るいラブコメっぽい内容のソフトエロ漫画になる予定です。

ちなみにどちらも来年の春頃掲載予定…
まだ本格的な冬も来てないのにもう春の仕事してるよ…。

アンケート

9月に掲載された読み切りのアンケートの結果が判りました。
公にどこまで書いてもいいか判らないので、詳しいことは省きますが、各作品に付けられるポイント順では11作品中6位でありました。
ちょうど真ん中なので良いのか悪いのかよく判りません。
半分より下ではないので凹みはしないけど何か微妙な位置です。
今後ここより下は取りたくないし、むしろ上を狙うつもりです。
そのためにはどうしたらいいか?
色々頭を悩ませた結果、閃いたのは「尻」です。
また尻かよ…と多くの人が思うかもしれませんが、これには大きな訳があるのです。

先日、今回のアンケートの対象になった漫画の1Pが某掲示板に上がっていました。
どこかで画像を見つけたものの作品の詳細が判らなかったようで、作品名、作家名を教えて欲しいとの書き込みでした。
その掲示板に上がったのが尻アップの画像だったのです!
どうやら尻には需要があるようです。

それだけではありません。
皆さんご存知のように先日カネヤマ共和国の「尻」が大変なことに…

この「尻」と「尻」の奇妙な符号!
これはきっと神からのメッセージに違いありません!
「尻を描け!」との!

さらに!

偶然にも僕は「尻」好き…

もう恐怖すら感じる、この恐ろしいまでの共通点!
「尻」×「尻」×「尻」!
魔の「尻」トライアングル!
もう誰が見たって答えは「尻」です!
これで「おっぱい」なんて言う奴がいたらぶん殴ってやります!

というわけで次の読み切りは頑張って「尻」描きます!

ちなみにカネヤマ共和国の「尻」は昨日治療終了しました。
ああ…また「尻」だ!!

尻アタック

平和で美しいカネヤマ共和国、その南に位置する二つの小高い丘に突如異変が生じた。
通称「尻」と呼ばれるその丘に恐ろしい細菌部隊が侵入したのだ。
細菌部隊の「尻アタック」によりシンメトリカルで愛らしいその丘の中央に、いびつで歪んだ隆起が発生し、美しい景観は破壊された。
美しい「尻」をことのほか愛するカネヤマ共和国国王シンちゃんは、その事実を知り緊急指令を発した。

「ほげ~」

その命令を受け、「ドクター」と呼ばれる対細菌専門家が用意したのは対細菌部隊「抗生剤兵」。
すぐさま「抗生剤兵」は増殖を続ける細菌部隊と交戦するため「尻」へと派兵された。
「尻」内部で繰り広げられる細菌部隊と「抗生剤兵」の熾烈な戦い。
「抗生剤兵」は細菌部隊の「尻アタック」を阻止するべく、容赦なく細菌共を血祭りに上げて行く。
しかし、その一方で細菌部隊は着実に増殖を続けていくのだ。
倒しても倒しても細菌部隊の数は減るどころか増えていく…。
増殖すればするだけ「尻アタック」の度合いも激しさを増す。
明らかに「抗生剤兵」にとって不利な戦況だ。
そして
芳しくない「尻」での戦況に、シンちゃん国王は熱を出して寝込んでしまった。
恐ろしい「尻熱」である。
それでも、たとえ不利であろうと「抗生剤兵」は果敢に細菌部隊と戦った。
その戦いが丸一昼夜続いた時、熱に犯されながらシンちゃん国王はある決断を下した。

「はひ~」

シンちゃん国王が決断したその作戦とは

「ドクター」による直接的な「尻アタック」。

まさに「目には目を」、「尻アタック」には「尻アタック」をだ。

すぐさま「ドクター」へ「尻アタック」の依頼が手配された。
「ドクター」は休日で不在だったにも関わらず、シンちゃん国王の頼みならばと緊急に駆けつけたのだ。
天は我に味方した。
「ドクター」の最初の「尻アタック」は針による「尻」への「麻酔剤」投与。
これにより後の本格的な「尻アタック」で生じる「尻」へのダメージを軽減するのである。
しかし針による「尻アタック」もやはり「尻アタック」、多少のダメージを「尻」に与える。
針が「尻」刺さり「麻酔剤」が投与される数十秒の間、「尻」はわななき震えた。
そして本格的な「尻アタック」だ。
これは「メス」と呼ばれる兵器が使用される。
この「メス」を使い「尻」に穴を穿つことで、「尻」内部で増殖した細菌部隊を外界に引きずり出すのだ。
細菌部隊の弱点は外気、外気に触れた細菌部隊は一気に死滅する。
「尻」にダメージを与えるものの、細菌部隊を一網打尽にするのはこの方法が最適なのだ。

「メス」による「尻アタック」が開始された。
先に投与された「麻酔剤」のお陰で「尻」に大きなダメージはない。
しかし、「尻」の奥深くに潜伏する細菌部隊を外界に引きずり出すために、「ドクター」は「絞り出し」という「尻アタック」を開始した。
この「尻アタック」が「尻」に与える影響は大きい。
それは「尻」のみならず、遠く離れたカネヤマ共和国の北に位置する「目」という歓楽街で、突如雨が降り出すという結果をもたらした。
カネヤマ共和国に起こる天変地異。
苦渋の決断とはいえ、自ら招いたその結果を目の当たりにしたシンちゃん国王は嘆きの言葉をつぶやいた。

「はにゅうぅっ…」

喜ぶべき事にシンちゃん国王の嘆きは数分後に一転した。
「ドクター」による「尻アタック」で細菌部隊は壊滅状態に追い込まれたのだ。
少なからず生き残った細菌部隊も数日中に「抗生剤兵」に一掃されるだろう。
カネヤマ共和国に平和が戻ったのだ。
残念な事に愛らしい二つの丘「尻」には生々しい戦いの傷跡が残ってしまった。
しかしこの傷も時が経てば消えるだろう。
争いの痕跡は跡形なく消え、美しい双子の隆起が人々の目を魅了する日は、そう遠くない未来にやって来る筈だ。
そう信じ、シンちゃん国王は「尻」に沈む夕日を見つめるのだった。

プロフィール

カネヤマシン

Author:カネヤマシン
エロ漫画家。
ハードコアの俊英らしいです。
小さい頃からちっちゃくて
大人になってもちっちゃいの…
そんなハードコアの俊英…

Twitter
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク