FC2ブログ

一年後の幸せ

夏からネットでの連載が始まる予定です。
先日いくつかアイデアを出して打ち合わせをしました。
人妻陵辱ものの簡単なストーリーをいくつか提案したのですが、なぜか人妻とは関係ない女囚ものになりそうな雰囲気です。
憧れの女囚ものです。
悪い看守の目を潰したり、串刺しにしたり、悪い奴をいっぱい殺したいのですが、エロ漫画なのでヒロイン拷問だけで我慢します。
8回から10回くらいのネットでの連載で、多分1年後くらいにはまとまって単行本になる予定です。
単行本が出たら一人200冊づつくらい買って下さい。
多分20万円くらいになりますし、大金ですのでみんな躊躇するかもしれません。
でも大丈夫!
今から貯金すれば充分貯まります。
今日から毎日550円づつ貯金だね!
ついでにネット連載の方も毎回ダウンロード販売なので、一人100回くらいダウンロードして下さい。
もちろん200回でも300回でも構いません。
みんなが出来るだけたくさんダウンロードして、出来るだけたくさん単行本を買うと僕は幸せになります。
僕が幸せになったらみんなもきっと幸せだと思います。
さらに1冊分の領収書を1口として応募した人の中から、抽選で1名様に「ロボアクター(特別に電池付き)」をプレゼントします。
応募してもらった領収書は僕の必要経費として献上しますのでご了承下さいマセ。
さあ、いっぱい買っていっぱい応募して幸せになろう!

漢の一品

君はロボアクターを知っているか!?
漢なら誰でも欲しい一品だ。
まずはPCの人には動画を見てもらおう。




残念ながら携帯の人には画像しか見てもらえないが、画像だけでも漢なら誰でもロボアクターが欲しくなるはずだ!


robo.jpg



君はロボアクターを見たか!?
漢なら誰でも欲しいと思ったはずだ。
前田日明も菅原文太も、高倉健だって千葉真一だって欲しいはずだ。
もちろん俺も漢だ。
欲しいに決まっている。
こんなにも胸がときめいたのは一体何年ぶりだろう。
ああロボアクター…
俺のハートをがっちり鷲掴みにしやがって…
憎い奴だぜロボアクター。
俺はお前が欲しい!
お前のすべてが欲しいんだ!

そして
俺は
ロボアクターを














買った。












意外と人気…否!さすがロボアクター!
男なら誰でも欲しがるだけあって、ほとんどのショップで売り切れだ!
そしてようやく見つけたのが北海道のショップ。
どうやら俺が注文したのが最後の商品だったらしく、その後すぐに売り切れの表示に変わっていた。
もう手に入らないぜロボアクター!
しかもこのショップ、旭山動物園の動物ペンがおまけで付いている!
何故か3本も!

ロボアクター…この動物ペンでお前の恥ずかしい所を(以下略)

明日か明後日には我が家にロボアクターがやって来るだろう。
俺はもうお前を離しはしない…。

怖い怖い2

ここにいい記事が出てます。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080313_child_anime_manga/

日本ユニセフ協会がどういう団体なのかということも書かれてます。
僕も日本ユニセフ協会のHPにある「子供ポルノの現状」というフラッシュムービーを見ましたが、いきなり冒頭から情報操作が成されていました。
児童ポルノに関係する新聞記事の見出しがいくつも出て来るのですが、中には児童ポルノ容疑で摘発されたものの児童ポルノとして認められなかった事件や(皮肉にもこの見出しが一番大きく登場しています)、児童ポルノと認識せずに雑誌に掲載した出版社の事件も含まれています。
これらのことを知らずに使用していたのなら、明らかに勉強不足。
知ってて印象操作をしたのなら、なおさらタチが悪い。
どちらにせよ日本ユニセフ協会は信用できるような団体ではありません。

こういった人たち、あるいは子を持つ親たちがが恐ろしいと考える幼児性愛者が、日本には少なからずいると思います。
当たり前の話ですが、その中で実際に児童に手を出してしまうのはごく一部です。
実害のある幼児性愛者が多いようであれば、もっと多くの事件が発生しているでしょうし、それ以前に怖くて子供を外に出すことできないような社会になっているでしょう。
一般的な性的嗜好の男性の中で強姦事件を起こすのはごく一部である、という事実となんら変わりない現状です。
ただし、幼児性愛者はその性癖のため一般的な男性のように自由にセックスをすることができません。
多くの児童性愛者はそのことを理解しひっそりと生きていることと思います。
彼らの置かれた状況を理解するために、一般的な男性が法でセックスを禁止された状態を想像してみて下さい。
もうそれだけで多くの男性は苦痛を感じることかと思います。
さらにエロ本、エロビデオも所持禁止です。
もはや枯れてしまった老人ならともかく、心身共に健康な男性には大きなストレスが加わると思います。
また目には見えないけれど、大きな力によって自分の自由が奪われるといった理不尽な状況もストレスを増大させます。
今現在でさえ、男性のストレスが女性、子供、弱者への暴力という形で発露してしまう世の中です。性的なものを剥奪された男性は通常では考えられないような大きなストレスを抱え込むことは簡単に推測できます。すべての男性がいつ爆発するかもしれない大きなストレスを抱えた社会…そんな社会になってしまったら、女性は恐ろしくて男性に近づけないかもしれません。
男である僕でさえ怖くて男性には近づきたくありません。

児童ポルノ所持処罰化とはこういう状態を幼児性愛者に強いることです。
そのストレスの向かう先は子供です。

よく「射精産業がなくなると性犯罪が増える」というのはこういったメカニズムから生まれる考えだと思います。
児童への性的虐待を減少させたいのならば、幼児性愛者のカウンセリングに力を入れるべきで、無闇に恐れ権力でその権利を奪ったところで何の解決にもなりません。
適当にエサを与えていれば放し飼いの猛獣も大人しくしています。
しかしエサがなくなった猛獣は人間に襲いかかります。
近所の気持ち悪いお兄ちゃんが、怖いお兄ちゃんになってしまうでしょう。
僕は子供がいないので安心ですが、もし子供がいたら怖くて外へは出したくありません。

「世界の子供を守るために」
日本ユニセフ協会はそう言っているようですが、正しくはこう言うべきです。
「世界の子供を守るために、日本の子供を犠牲にしましょう」
もちろんそれだけのリスクが伴う可能性があることを賛成派は理解しているでしょうし、世界の子供たちのために自分の子供を犠牲にする覚悟もできていることと思います。
でないと賛成できませんよ。

何も知らず何も考えず、自分たちの思い込みや限定されたイメージだけで何かを排除しようという行為はナチスドイツのユダヤ人迫害となんら変わりありませんし、当然賛成派は幼児性愛者である前に人間であるということを見失っています。
だから平気で権利を奪うようなことを言ってのける。
本当に怖いのはこいつらです。
しかも公明党まで賛同なんですから、この先学会がどんなキレイ事を言っても信用できません。(はなから信用してないけど)
児童ポルノ所持を処罰化するなら、権利の平等性から考えて、全ての男性のセックス、及び性的興奮をもたらす画像、映像の所持も処罰化すべきです。
これなら僕も賛成です。
とんでもない世の中になるのは間違いありませんし、そこまで行くとほとんどの人は反対するでしょう。
しかし、一方だけの権利を奪う世の中よりは平等で良いのではないでしょうか。
法の上で人は平等であるべきなのですから。

もちろん児童への性的虐待やそれを商品化する児童ポルノは取り締まるべきです。
それらを取り締まるのは現行法の罰則改訂で充分だと思います。
しいて上げるなら現在購入者は処罰されませんので(そこをすっ飛ばして所持を禁ずること自体も問題ありかと)、購入者を処罰対象に含むということでしょう。
これなら客観的に購入した事実も存在し、法的証拠としても申し分ないかと思います。
児童ポルノを見ただけ、持っただけで児童への性衝動が抑えられなくなるような人たちばかりだと賛成派は考えているのかと思いますし、だからこそ児童ポルノを排除したいと考えているのでしょう。
しかしそれは、世の中も男たちの大多数はエロ本やエロビデオを見ただけで強姦してしまう、と言っているのと同じことです。
どう考えても理に叶ってない。
セックスを連想させるからと言って「セックス」という言葉を排除したら、あるいは性に関する本、映像をなくしたら、セックスがなくなると本気で思っているんでしょうか?
だとしたら、まともな思考じゃありませんよね。
さらに「人権擁護法案」なんか通った日には、中世魔女狩りの世界が現代に蘇ってしまいます。
今現在ネットでは反対派の人々が頑張って色々行動しています。
もちろん僕も国会議員に手紙を送ったりしてます。
グラビアアイドルの16歳の娘さんまで立派な意見をブログに書いてて、それ読んで感動しました。
http://blog.livedoor.jp/yukakuramoti/archives/51091478.html
http://blog.livedoor.jp/yukakuramoti/archives/51092456.html

みんながんばれー!僕もがんばる!

怖い怖い

アマゾンがまた問題になってますよっと。
「欲しいものリスト」(旧「ウィッシュリスト」)って設定を「非公開」に変えないと、本名やメアドが晒されちゃうそうです。
どうも前からそういうシステムらしいんですが、普通に考えてこれはマズイでしょ?
そんな僕もバッチリ晒されてました。
なので僕も「非公開」に変更して、念のため名前を「チンコ」にしておきました。
アマゾン利用者で設定を変更してない人はすぐに変更しといた方が無難ですよ。


アマゾンの本名、メアド晒しも怖いですが、もっと怖いのが今話題の「児童ポルノ所持罰則化」の法案です。
ここ2,3日、このことで頭がいっぱい。
賛成してる人はこの法案の怖さを判ってるんでしょうか?

今現在の「児童ポルノ」の定義を要約すると「18歳未満の児童のエロ写真、エロ動画」なんですが、16歳くらいになるとすっかり大人の女性の体です。
成人女性が性欲の対象である男性を、充分欲情させることができます。
これは僕の実体験ですが、成人女性のヌード写真の中に16歳くらいの児童のヌード写真を混ぜたって全く判別つきません。
客観的に未成年だと判らないものまで、児童ポルノに含まれるということは、一般的な男性がそれとは気付かずに所持している可能性もあります。
それでも処罰対象者です。
さらに、高校生カップルがふざけてお互いの裸の写真を撮っても、処罰対象者になってしまいます。
自分の子供が、親が、兄弟が…ってことが普通に起こりうる。
もちろんどちらも無闇に恐れられている幼児性愛者ではありませんし、児童ポルノだとの認識もない。
まったくといっていい程害のないものです。
高校生が夜道で職務質問され、携帯から彼女のヌード写真が出て来たら児童ポルノ所持の現行犯ですよ。
現に先日も高校生が掲示板に彼女の裸の写メを貼って「児童ポルノ頒布」で検挙されてます。
この場合は掲示板に貼るという行為が悪質だったからの検挙ですが、高校生を児童ポルノ関係の法案で検挙できるという前例を作ってしまいました。

しかも今度は漫画やアニメまで規制しようと言う動きが出てるじゃないですか。
これさらに怖いですよ。
今現在流通している少年漫画などには普通に児童の裸が出て来ます。
中にはちょっとエッチな漫画もありますから、明らかに性的なことを連想させるものです。
そもそも一般漫画のヌードシーンってのはたいてい読者サービスですから、少なからず性欲を刺激する目的で挿入されてます。
現行法の定義だと、そこら辺の普通の漫画がいくらでも引っかかりますよ。
もちろん所持だけで処罰対象になりますから、親御さんは子供の持ってる漫画を全てチェックして該当分を処分しなくてはなりません。
全巻揃ってるコミックの該当分だけ処分する訳ですから、中抜けが出来て子供さんには可哀想ですけど仕方ありません。
どうやって説明するべきかも考えないといけませんよね。
また、作家や出版社にも逮捕者続出です。
書店も該当図書を返品しなければなりませんので業界大混乱です。
大げさかもしれませんが、普通に考えるとこうなってしまいますよ。
仮にエロ漫画系だけを規制しても、規模が小さくなるだけで同じような混乱は免れないでしょう。

考えれば考える程、法施行したから大丈夫っていうそんな簡単な話じゃない。
だから逆に、実際施行されたらどうなるのかものすごく気になってしまいます。

余談ですが最近ジブリの社長に学会系の人が就任したのは、この法案絡みか?と勘ぐっちゃいます。
あるいは年金やガソリン税の問題から目をそらすためのスケープゴート?

他にもあまり想像したくもないようなもっと怖い話もあったりしますが、それについてはまたまとまったら更新します。

ハードコアの俊英

どうも、「ハードコアの俊英」です。
只今発売中の「コミックXO」で「ハードコアの俊英」というありがたいキャッチコピーを頂きました。
「ハードコアの女王 マリリン・チェンバース」みたいでちょっとカッチョイイです。
かなり気に入っているので、今日から僕は「ハードコアの俊英カネヤマシン」です。
プロフも変更しました。
これからは自己紹介の時に「ハードコアの俊英です。」と言わなければなりません。

「只今ご紹介に預かりました、ハードコアの俊英です」
「はじめまして、ハードコアの俊英です」
「お世話になります、ハードコアの俊英です」
「こんにちは、ハードコアの俊英です」
「お疲れさま、ハードコアの俊英です」
「おやすみなさい、ハードコアの俊英です」
「もう…いつまで寝てるの?早く起きなきゃダメでしょ?ハードコアの俊英です」

こういった感じで、いつでもどこでもハードコアの俊英です。
その甲斐あってか、次回準備中の原稿は気安く誰にでも見せることができないほどハードコアの俊英です。
でも別の雑誌ではラブコメを描いているので、実はラブコメも描けるハードコアの俊英なのです。
なんだかよく判らない人になってますが、とにかくハードコアの俊英です。
プロフィール

カネヤマシン

Author:カネヤマシン
エロ漫画家。
ハードコアの俊英らしいです。
小さい頃からちっちゃくて
大人になってもちっちゃいの…
そんなハードコアの俊英…

Twitter
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク