FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急性心筋梗塞の思い出

Twitterの方をご覧の方はご存知かと思いますが、年明け早々「急性心筋梗塞」で緊急入院しておりました。
断片的な情報しかお伝え出来ておりませんでしたので、詳細をここにレポートさせて頂きます。

事の始まりは1月8日午前11時頃、人妻痴獄3話のペン入れ作業をしてたんですよ。
そしたら胸がぎゅっと締め付けられるような痛みが起きまして。
でも多分コレ誰でも経験あることだと思うんですよ。
びっくりした時に心臓がきゅっとなって苦しいとか、友達に聞いてみるとみんな「あるある」っていうので割と多くの人が経験したことがある程度の胸の痛み。
それが人妻痴獄のイラマチオシーンを描いてる最中ずっと続いたのです。
ちょっとイラッとしました!
そして昼食後くらいには痛みは引いたわけですから時間にして1時間強続いたわけです。
後になって分るのですが、これがどうやら心筋梗塞の発作だったようです…。

たまたまその日は午後から持病のSLEの診察予約が入っていたので、その時に医者に胸の痛みのことを報告したんですよ。
ほとんどついでに報告といった感じです。
じゃあ念のため検査しましょうか?となって心電図検査。
その結果を見て先生何だか不安そう…。
そこで今度は血液検査や心エコー撮ったり段々検査が増えて行く…。
そして最終的に循環器専門の医者が現れて「今すぐに入院してください。検査結果を見る限り急性心筋梗塞です。次に発作が起きたら死にます」。
そんなわけで緊急入院することになり、慌てて親や仕事先に連絡したり、twitterで報告したりとかしてる間も僕は車椅子に乗せられ検査室へ運ばれて行く訳です。
念のため言っておきますが、この時点で僕はどこも痛くないし、普通に元気なので、急に日野日出志みたいに「君は死ぬ!!」って言われても面白いとしか言いようがないのですよw
なのでむしろ楽しんでる風なのです。
同時に仕事困ったなぁと。
で、発作で心臓が止まる可能性がある訳ですからそれを防ぐために緊急処置しなければならないのです。
なんかね、手首の動脈にカテーテルを入れて心臓に造影剤を入れて撮影したり、緊急を要するようであればそのまま心臓に何らかの処置を行うとかなんとか、そんなことを緊急にしなければならないんですが、その最中に発作が起きて心臓が止まってしまったら、ほら、あの映画でよく見る電気ショック!あれで蘇生させるっていうんですよ!そんなのやられてみたいじゃないですか!もうなんかワクワクしちゃいますよw
そんなこんなで検査の準備にチン毛をちょっとだけ剃られたり、あと尿道にカテーテルを入れなきゃなんないんですが、僕は尿道狭窄があってキツくて入んないってことで、看護師さんは僕のちんこをつまむだけつまんで諦めました!
で尿道カテーテルの代わりにオムツプレイになりました!おしっこちびったら困りますもんね!

その後検査室に連れて行かれ(オムツ装着以降は寝たままストレッチャー移動です)手首の動脈からカテーテルを挿入するんですけどね、もちろん部分麻酔で意識もはっきりあります。
手首に麻酔注射する時に痛みがあるくらいで後はほぼ無痛。
腕の中を駆け抜けるカテーテルに違和感があったり、造影剤入れて撮影の時に胸がカーッて熱くなるんですけどね、その後尻からびゅって何か出るwほんとに!
確認できないから何が出たのか分かんないんですけど、2回撮影して2回とも尻から何か出た!ぴゅるってw
オムツ履いてて良かったと思った瞬間です!
結局撮影だけで、その他の緊急処置はなし。
その後集中治療室に運ばれて、親と共に撮影した心臓の様子を見せてもらいながら説明を受けたんですけどね、まず血管の状態が良くない、いわゆる動脈硬化。
心筋梗塞ってのはそれで血流が止まって心筋が壊死したりするんですけど、幸いなことに血流は止まっていない。
ということで、投薬で様子を見ることになったわけです。
この時点で僕は点滴繋がれて、常時心電図をモニターされ、酸素吸入され、オムツ履かされの無惨な姿。
でも元気なんです!
どこも痛くないしどこも苦しくないし!
残念な事に集中治療室では携帯などは使えないそうで暇で仕方ないのでそのまま眠ったのですが、ざわざわしてたり、僕も点滴してたり慣れない状態なので、変な夢見て何度も目が覚めての、非常に寝苦しい一夜になりました。


翌日2日目(9日)はですね、おしっこするのに可愛い看護師さんがちんこつまんでくれたり、体を拭いてくれる時に可愛い看護師さんがちんこ拭いてくれたり、とてもいいことがありました。
で、昼過ぎから一般病棟に移動。
一般病棟では安静指示も取れて、たいてい自分でできることは自分でするようになったのです。
点滴台押しながらトイレ行ったり。
なので可愛い看護師さんはいたけれど、ちんこさわられたりはなかったです。残念です!
でモバイル解禁になったんですけど、充電器がないんですよ。
特にiPhoneはすぐに電池がなくなるので使えない。
なので、家族が充電器を届けてくれた10日に初ツイートしたりしたわけです。


入院3日目(10日)に心筋の状態を様々な角度から調べる心筋シンチっていう検査をしたんですよ。
後は家族にノーパソ持って来てもらって、「聖・姦獄学園」と「人妻痴獄」のプロットを修正したりしましたよ。
DropBox捗るわぁ!
ネットに繋がってなくても同期データが本体にあるんで助かった!
てか、今の時代、病院もネット環境ないといかんと思うのですよ。
有料テレビ置いてる場合じゃないで。
有料テレビは見る気はないけど、有料ネットなら絶対使ったわ。ネットに繋がってたらある程度仕事もできてしまうしなぁ。


入院4日目(11日)、前日の心筋の検査の結果、心筋の壊死などの損傷は無く、あとは投薬しながら血管の状態を観察していくことになるので、もう退院してもかまわないとのこと。
いつ何が起こるか分からない緊急事態は去ったわけです。
てか、結局入院してから一度も発作起きてないし、心筋に損傷もない訳だから、本当にヤバい発作が起きる前に異常が見つかって良かったというべきなんでしょう。
ホント偶然、持病での診察当日に発作が起きたからこうなったわけで、そうじゃなかったらわざわざ病院行ってないと思う。
そしたらその後の発作で死んでたかもしれません。
運が良かったのでしょう。
まぁ看護師さんにちんこ触ってもらったからもうどっちでもいいやw

まとめると、心筋梗塞で命の危機じゃん!→検査の結果、あれ?なんか心臓大丈夫じゃね?大丈夫だよね?まだ死なないよねコレ?→とりあえず血管は問題あるからそれ治療しながら今後のことは考えよー!ってそんな流れかと思います。


でも心筋梗塞から生還とかっての方がかっこいいし、なんか次の単行本の帯とか「地獄から不死鳥のごとく甦った男!地獄を見た男が描く地獄!」みたいな感じでw
これからはそういう売りでw

今回は自分で各所に連絡したりできたから良かったものの、発作で急死したりしてたらどうなってたことか?
一人暮らしで個人営業だから仕事先とか僕本人以外誰も把握できてないだろうし、編集は編集で僕と突然連絡取れなくなったらどこに連絡したらいいのか分かんないだろうし…。
あとはまぁ、年老いた父親に頼らざるを得なかったり。
てか親父、息子の危機にちょっと凹んでたしw
こういう時に嫁がいたらいいんだろうけど、こういう時にしか嫁の必要性を感じないってのもどうかと思うw
とりあえず遺書は書いとかないといけないなw割とマジにw
あと死後の原稿管理とか誰がやるんだろ!?w
できそうなのいないwww

あと食べ物考えないと。やっぱ中性脂肪、コレステロールですよ。
とりあえずタバコはすぐやめられるけど、食べ物だけは自炊だからさ、新たにレパートリー増やさなきゃいけないし、ヘルシーなものに限って手間かかったりするから、そこが悩みどころ。
これからの僕の新しい課題です。

あとさ、病院はすぐ家族家族って言うんだけどさ、この先絶対独り身が多くなるんだから、そこんとこのシステム変えていかないといかんわな。
とりあえず、素で入院できるよう入院グッズくらいはすぐ準備できるようにしとかないと。
あるにはあるんだよ、日額レンタルで。
でも下着とかスリッパとか、それないと困るだろ?ってのがないの。
家族が用意してくださいってw
何かあった時、家族に変わってサポートします!みたいな保険とかあったらいいかもなぁ。
その保険に入っとくといざという時、家族の代わりに必要なもの買って来てくれたり、「自宅にあるアレ取って来てー」って言ったら取って来てくれるの。独り身専用のなんかそういうサービスが必要になるよきっと。


そんなわけで、1月8日に緊急入院して1月13日に退院という、予想以上に早く娑婆に出て来られたわけですが、皆様本当にご心配おかけしました。
急性心筋梗塞というとかなりシリアスなイメージがありますが、これを読んで少なからずシリアスな印象が薄れることを願います。あくまで今回の僕に限っての話ですが。
もうみんなすげぇ心配してるんですよ。
発作起こして倒れて救急車!みたいなw
そんなイメージを持ってるようなので、そこまでシリアスな状況ではなかったことをお伝えするために、詳細レポートしてみました。
 
退院して早速仕事を再開したのですが、しばらく仕事をしていなかったせいで、
全然絵が描けねぇ!
絵の描き方忘れた!
なのでこれからリハビリ兼ねてぼちぼち本調子に戻して行きます。


今回の事で気にかけて下さった皆様、本当にご心配おかけしてすいませんでした。
そしてありがとうございました。
これからは死なないように気を付けながら頑張りますので、応援のほどよろしくお願いします!



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カネヤマシン

Author:カネヤマシン
エロ漫画家。
ハードコアの俊英らしいです。
小さい頃からちっちゃくて
大人になってもちっちゃいの…
そんなハードコアの俊英…

Twitter
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。